家事がラクな家

「まとめ買いに対応出来る収納が欲しい」「部屋干しでも大丈夫なスペースが欲しい」

家を決めるにあたり、重視しているポイントとして「暮らしやすさ」や「住みやすさ」を挙げるご家族は多いと思います。今では家事動線を考えた家とひとつのジャンルにもなっていますが、追求していくと自然とシンプルになっていきます。共働きで育児や家事が毎日大変という方や、効率的に家事ができるストレスフリーな家がいいという方等、今だけでなくこれからもずっと快適に暮らせるように、美都住販では、細部の工夫にこだわった家をご提案します。

開放的な吹抜けで、家族間のコミュニケーションがスムーズに。

リビングを吹抜け、更にはシースルー階段にする事で部屋の移動や家族間のコミュニケーションがスムーズになります。吹抜けは、開放感をもたらすだけでなく、1階と2階をつなぐ空間にもなり、2階からでも家族の気配を感じることができます。家族や友人が集まる場所だからこそ、「長くいてもらいたい」「自然に集まってしまう空間であってほしい」という設計担当の想いが表現されたリビングになっています。

使う事が楽しくなるキッチン。

換気ダクトやコンロ周辺など、お手入れが大変な部分はリビングから見えず小さなお子様でも危なくないようにキッチン周辺の壁は丸みを帯びた形状に。実は子供たちが興味深々のキッチン、ちょっとした工夫で家族全員が安心出来ます。キッチンは廊下側にも入口を設け、回遊性のある設計に。玄関までの動線が短いので、お買い物から帰宅した際やゴミ出しの際にとても便利です。

シンプルだからこそ、収納部分の工夫が重要。

美都住販の考える「家事がラクな家」は、収納部分でいかに工夫をするかをこだわっています。シューズクローゼットひとつとっても、ウォークインタイプにする事で収納力のアップをもちろん、スッキリと片付いた玄関になり、急な来客時も安心です。

ライフスタイル計画を考えたプランニングで、家族にあった生活動線を考えていきます。

こんなお困りごとを解決!

  • 共働きなので部屋干しが多い
  • 急な来客が多くある
  • 子供のおもちゃが片付かない
  • 多くの買い物をする時に家に運ぶのが大変
  • 家事をしながらパソコンなどをチェックするスペースが欲しい
  • ゴミ出しをラクにしたい

施工実例

「家事がラクな家」
住まいプランはこちら

シェリー
住ここちインタビュー